爪が内出血・剥がれた・でこぼこの場合の生えかわる周期は?治るまでの時間は?

 

爪が「白っぽく」変色している、内出血(血が内部に貯まる)、、足の親指の爪が根元から取れている、爪は分離したり、欠けたりなどなど・・・

このような症状に悩んでいる方は多いのでは??

じつは上記の大体の症状は爪の生えかわる周期を待てばなんとかなることが多いです。

爪はどれくらいの早さで伸びて、全て生えかわるのにだいたいどれくらいかかるか、見ていきましょう。

爪の生えかわり

手の爪は気づいたら伸びていますので、意外と早い気もしますね。

足の爪となると・・・やはり遅い印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。

では具体的に一日にどれくらい伸びて、生えかわるのにどれくらい時間がかかるのでしょうか。

この「爪の生えかわり」が非常に重要です。

爪の下には、まだ薄いですが、新しい爪が生えてきて
ほっといても、爪が再生します。

生え始めはかなりのデコボコですが、やがてデコボコも通常状態になるので安心してください。

爪の生えかわる周期

「爪」とひとくちに言っても、いろいろありますね。

手の爪、足の爪、親指、人差し指、中指、薬指、小指。

これらはそれぞれ伸びる早さが違います。

体感的にも、爪が伸びやすい指と伸びにくい指ってありますよね。

手の爪、足の爪。それぞれの伸びる早さは?

ここからの数値はあくまで平均で、個人差がありますが、手の爪は1日0.1mm、1カ月に約3mm伸びると言われています。

手の爪がそれくらいの速さで伸びるのに対して、足の爪は1日0.05mm、1カ月に約1.5mm伸びると言われています。

ざっと計算すると、手の爪は約3ヶ月、足の爪は約6ヶ月、生え変わるのに時間がかかります。

爪の生え方は、年齢によってもスピードが異なるそうです。(若い方は細胞分裂が早い)
私は、日帰り温泉の「高濃度炭酸泉」に入浴すると、爪が伸びやすい(髪の毛も早く伸びてしまう)、ので、機会があれば炭酸泉も効果的かもしれません。

治りまでの保護

ただ治るまで痛みは続く事が多いので、包帯を重ねたりして、少しでも圧力が和らぐよう包帯を巻くのが効果的ですが、予算に余裕があればウォーキングや登山する際に、靴擦れ(靴ずれ)するような方向けの足の指保護グッズがおすすめです。


足指 足爪 保護キャップ

水で洗えば、複数回、使えます。
Sサイズ、Lサイズなど、足の指サイズに応じて、ご購入時には選択ご注意願います。

爪に必要な栄養分

また爪をより早く伸ばしたい方は爪のための栄養素を補給するのがおすすめ。

伸びるのに必要な栄養は下記の通りです。

ケラチン、コラーゲン、亜鉛、B2、B6、ビタミンC

特にケラチンとコラーゲンは必須です。

食べ物で言えば「鶏肉」がおすすめですが、毎日安定して摂取したいなら
サプリで、爪が伸びるのを加速させるのもおすすめ。

爪の伸びるのが早い時期

爪の伸びる早さは、年齢や季節、昼夜でも変わります。

一般に冬よりも夏のほうが早く伸び、大人よりも子どものほうが早く伸びます。

このあたりは治療に影響するほど意識することはないと思いますが、豆知識として覚えておくのも良いかと思います。

爪が伸びるのが早い時期を選ぶよりも、一日でも早く行動することの方が重要だと考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です